会社沿革

1945年 故塚原録郎(創業者)は戦時中、軍需工場で働いていた。戦後職場がなくなり、岐阜市加納の和傘を仕入広島へ売りに行くなどして将来のビジネスを模索していた。
1947年 中古の旋盤、片削り盤、ボール盤を購入し、義父、義弟と忠節鉄工所を始める。
1953年 塚原宏幸(現会長)誕生を機に長良に移転し、塚原製作所を創業する。
1959年3月 現在地に移転 株式会社塚原製作所を設立
1967年 工場を増築
1981年 立型マシニングセンターを導入
1985年 隣地に工場を取得
1986年 チェングリッパの修理を開始
1990年 塚原宏幸 代表取締役就任
1992年 MGを取り入れる。
1996年 立型マシニングセンター増設
2006年 立型マシニングセンター増設
2010年8月 ホームページ開設
2015年5月 3次元測定器導入
2015年10月 NC旋盤入れ替え
2017年11月 割り出し5軸マシンニングセンター増設
2017年11月 塚原嘉住夫 代表取締役就任 塚原宏幸 会長就任
2018年1月 5軸マシンニングセンター増設
2018年9月 画像寸法測定器導入